default

何の順番かわかるかな

何の順番かわかるかな

私が好きな順番です。

1位:星に願いを

2位:ほろほろホリック

3位:酪農万歳

4位:白いチョコ

5位:ハスカップ賛歌

6位:生チョコサブレ

7位:森のシンフォニー

8位:北の花つづり

9位:北交響

10位:ストーンストーン

いきなりこんな紹介をされて、これらが一体何のランキングなのかわかる人は少ないでしょう。勘が良い人なら、4位・6位・12位・17位を見て何となく予想はできるかもしれません。北海道に住む人の中には、すぐにわかる人もいるでしょうね。

これは、北海道で有名な「喜信堂」が作るお菓子を、私が好きな順に並べたランキングです。とてもステキな名前がそろっていると思いませんか(^^)名前から、どんなお菓子か想像できますか?

「星に願いを」は、クッキー風のチョコレート。クッキーなのかチョコレートなのかハッキリしてちょうだい!という人もいるかもしれませんが、そこら辺がハッキリしていないのがこのお菓子の魅力なんです。一度食べたら、今までにない食感にハマりますよ。

口に入れると繊細に崩れる…。そんな「ほろほろホリック」も、また不思議な食感。スペインのお菓子・ポルポローネが好きな人は、きっとこのホロホロ感に夢中になるはず。("ホリック"には「~に夢中」という意味があります)

チーズとブルーベリーの組み合わせが万歳したくなるような「酪農万歳」これはスフレ風のチーズケーキで、ブルーベリージャムがサンドされています。さらにはミルク感やバター感もたっぷり!誰でも万歳したくなってしまうかも。

「ハスカップ賛歌」をサクッとかじれば、口の中でハスカップが歌いだす!ついでに一緒に新鮮なバターが踊り出す♪喜信堂特製のハスカップチョコは、ゼヒ全国の皆さんに味わってほしい一品です。

ハスカップもいいけど、フランボワーズも♪「森のシンフォニー」は、アーモンドの香ばしさとフランボワーズの甘酸っぱさを楽しめるパイ菓子。新鮮なおいしさです。

「北の花つづり」は北海道産バターがたっぷり使われたスポンジケーキで、オレンジ・チョコマロン・フルーツミックスの三種類があります。私はチョコマロンが好き(^^)

「北交響」は、アップルプレザーブ入りのソフトなガレット。「ストーンストーン」はクリームをサンドしたクッキーで、見た目がカーリングのストーンに似ています。

恐れていた事態は発生せず

私は軽い食感のお菓子があまり好きではありません。低カロリーやノンフライなどの文字には惹かれますが、あまりにも軽そうで食べごたえを期待できそうもなければ、よっぽどでない限り手は出しません。

「ポテかるっ」も新発売されるという情報をキャッチしたときから、気にはなっていました。でも、私が恐れるひたすら軽い食感だと予想できたので、近くを通りかかっても目の前にあっても手に取ることはありませんでした。正確にいうと手にとって見ることはありましたが、購入して食べようと気持ちにはなりませんでした。

私が購入する気持ちにならなかったのは、値段にも理由があります。量は少ないのに、値段が高すぎる。一般的なポテトチップスは1袋58g~60gが平均的なのに対し「ポテかるっ」は1袋33gと半分に近い量。それでいて値段は、一般的なポテトチップスが88円~120円なのに対し「ポテかるっ」は118円~138円と、同じくらいか高いほど。量は半分程度で値段はさほど変わらないということは、値段が倍に近いということになります。

食感は私が恐れる常識ハズレに軽いような気がするし、味もおいしいのかどうかわかりません。カロリーの低さと値段の高さが見合わないように感じ、スルーし続けていました。

それが今回手にとって見るばかりじゃなくレジまで運び、家に持ち帰って食べようという気になったのは、値下げ品を見つけたから。まだ賞味期限まで1ヶ月ほどあるのに、80円まで値下がっていたんです。それでも一般的なポテトチップスに比べたら安くはありませんが、これは一般的なポテトチップスと違うので比べるのはやめました。

80円なら買っても後悔しないつもりで、最初から後悔する可能性を大きく考えていました。軽くて軽くて1袋あっという間に空になり、その割にはお腹は膨れない。それに加え味も極めて薄く、カロリーが低いのと同時に満足度も低い。そんな事態も覚悟しながら食べてみたら、80円なのに買わないでいたら後悔するところでした。

確かに軽いけれど、常識の範囲内。わずかではあるもののパリッとはするし、稀にカリッとしたものがあることが何より嬉しい!味も濃くはないけれど、ちゃんと楽しめる程度には付いています。これからも定価では買う気にならないけれど、これからは値下げ品を探し求めることにします。

何の順番かわかるかな